Kumadigital-CC

Cameras & Cars


アニメ

昨日、二回目を見てきました。

感想は、以下に同じ(丸投げ


いやほんと、2回目となると少し余裕を持ってみられるので、キャラ作画崩壊が目に付いちゃってしょうがない(;´Д`) 特にナラティブの最終決戦のためにブリッジを出たヨナが出くわしたミシェルの顔が福笑いにしか見えなくて…

ガンダムUCもテレビ放映時に作画し直したシーンと差し替えしているので、同様にブルーレイ発売時には修正して欲しいところ。

R01_0030

結局リタは「生まれ変わったら、鳥になりたい」と希望していた通り、「不死鳥」になったわけですよね…。


あと「閃光のハサウェイ」の予告も初めて見られました。
こじらしちゃった少年の話ですよね。原作はリアルタイムで読んでいた世代…
だけどもう忘れた(;´Д`) 原作本、実家のどこかにあるかも。




5D4A9747

観ました。
物語が圧縮されていることで、サブタイトルである「届けたいメロディ」がよく伝わるようになっていたと思います。新作カット率が結構高く、また演奏シーンは基本的にフルバージョンなので、意外と「総集編」感は薄かったですね。

「響け!」は実際のレンズで撮影したようなエミュレーションが特徴的ですが、それでも本作の前半によく見られる、「わざと一瞬オートフォーカスを外したような映像」はちょっとくどいかな?と思いました。設定上、素人が民生用ハンディカム回してるんじゃないですよね?


5D4A9748

付録の生写真?三枚セットも特典映像を観てようやく意味が分かりました。劇場で観客にスクリーンを撮影させてたんですね。


5D4A9750

付録の絵コンテは新作カットが中心。なるほどあそこも新作カットだったか、と分かる仕掛けになっています。


それにしても、ムスメが中学でユーフォを始めた年に放映が始まったこのアニメ、現実では3年経って劇場版の中で卒業のシーン(劇中では1年ですが)。ムスメも今春中学卒業なので、リンク感が半端ないです。



げきじょうばん と打つと激情版が変換候補の筆頭に現れるんですが。

5D4A9548

観に行こうとは思っていたんですが、ムスメは受験だったし、まぁ自分だけでも行くつもりで、気がついたら公開終了1ヶ月後だったという…。仕事忙しすぎ…。

あんまりなので、パンフレット屋さんでパンフだけ買いました。

という訳で劇場で本編未見のBlu-ray。ムスメも観たいと言ってくれていますが、週末時間あるかなぁ。テレビ版同様に、タイトルの由来が明らかになるんですよね?


なおムスメは高校に入ったら部活でユーフォは続けないそうです。


 

このページのトップヘ