Kumadigital-CC

Cameras & Cars


Mac

昨年暮れに溜めたPayPay 20%を放出して、EPSON EP-10VAを買いました。
Bさんとは兄弟機サイカセンセとはお揃い(ブロガーイベントの後に買ったそうです)です。


R01_2745

うーん、こういう端正なデザインの(しかもアップル風味ではない、日本製品らしい)箱、久しぶりに見た気がしますね。とっておきたい衝動に駆られましたが、かなり大きくて邪魔なので(しかも中の発泡スチロールがまた大きく、畳んで仕舞えない)、初期動作確認ののち、涙をのんで捨てました…。


R01_2750

CP+2019で地味に目を付けていたもの。
買いましたよ!>CP+のEPSONの説明員の方々


R01_2755

弟モデルであるEP-976A3(現行型はEP-979A3)とはメインボディーの成形型を共通にしながらも、インクが顔料か染料かと言うことと、背面給紙ユニットに大きな違いあり。そのためか、背面給紙ユニットがボタン2つ押すと大胆に外れます。でもこれを外してどうするのかは説明書には言及がありません。

なおこの背面給紙ユニットは写真のように紙投入口を開くと時に少し後ろに出っ張るので、本機の背面を壁に密着して使用することはできません。ここは要改善ですね。


R01_2757

騒音はCANONの家庭用複合機と比べてもそう変わらない感じ。本体が少し高い代わりに、インクが安いというのは多少健全だと思います。

EPSONのプリンタを使うのは個人的には17〜18年ぶりくらいですが、実際触ってみるとCanon PIXUSより優れているところも結構ありますね。CDトレイが取り出しやすいとか、操作パネルおよび排紙トレイの自動収納とか、インク品番に分かりやすいアイコンが付いているとか。(本機の場合はEPSON「ヨット」タイプのインクを買えば良い。)

ボディは大柄かつ華奢なので、設置面は完全にフラットでないとダメです。脚が浮くような設置は印字にも影響が出ると思います。


R01_2847

SSIDをセットするとセルフで本体ファームウエアのバージョンアップが始まり、その間にスマホにアプリを入れれば難なくスマホからのワイヤレスプリント環境が完成。Macからも簡単にセットアップ完了。

これで写真をA3に伸ばして、部屋に飾りたいと思います。



 




  • カテゴリ:
5D4A6423a

ノート型のMacを買いました。




出オチみたいですが(笑 iBook G3 タンジェリン M7619J/Aです。(もちろん中古。)
お値段は会社の飲み会1回分くらいですかね。18年くらい経過している筐体なので、結構あちこちヒビ入っています。メインのバッテリーももちろん生きていません。購入時は筐体がそこそこ汚かったので、掃除したり磨いたりしてみました。




しかしACアダプターを接続すると、ちゃんと当時のMacOS(9.2.2)が起動したりします。PRAMバッテリーも当然消耗しているので、起動する度に内蔵時計のエラーが出ます。HDDはこの時代特有の古くなったHDDらしい「みーん」という音がします。

一方でオプションのAirMacカードが付いているので、802.11bのWi-Fi経由でネットにも繋がるんですが、この時代の暗号化ってWEPかOFFかかんですね。自宅のAirMac親機である TimeCapsuleにはもはやWEPなんて装備されていないので、繋ごうと思ったらセキュリティをOFFにするしかありません(苦笑

まぁ、遊びたいときだけセキュリティを一時的にOFFにしています。そんなに常用するものでもないですし。インストールされているIE5や当時のNetscapeなどでは見らることができるサイトも限られます。

新品で発売された当時はあまり食指が動きませんでしたが、ここ数年妙に欲しくなってしまい、中古品を物色していました。何に使う訳でもありませんが、佇まいを眺めて楽しんでいます。

このページのトップヘ