Kumadigital-CC

Cameras & Cars


ホビー

PG RX-0を開封してみました。
時間の都合上製作までは着手できず、部品の様子を確認し、今後の作戦を練るものです。
これくらいの規模になると一度開封してしまうと元の箱に収めるのは至難の業です。ランナー2〜3枚が1枚の袋に入っており、その組み合わせを崩してしまうと再び収納する時の厚みが増えるため、全部が入らなくなってしまうのです。ですので、どの順番・組み合わせで入っていたかをメモしながらの開封です(;´Д`)




部品点数は821(排他使用パーツ含む、デカール含まず)。PG RX-78ガンダムよりは多いですが、意外にもPG MSZ-006ゼータガンダムほどではありません。MGを一回り大きくして少し緻密にした感じというような印象も受けます。ただ、すごく丁寧に設計されているのが部品ごとのパーツの質感の違いや成形の緻密さからも伝わってきて、お値段が高いんですが納得せざるを得ない感じです。

なお部品のざっくり4割くらいはABS素材で、塗装が推奨されていません。塗るとしても外装(ツヤ消しか半ツヤ消し)とサイコフレーム(ピンクの部品にクリアーを吹く)くらいですかね。




このキットのハイライト部品。Aランナー、ツノです。塗装済み・マグネット入りということで、もはやガンプラの部品と言うよりはDX超合金の部品ですね。

とりあえず最大のパーツであるスタンドだけ作ってしまえば箱内には多少余裕出るでしょうから、そこから進めたいと思います(備忘録)。

あとは気持ちが萎えないように武器からですかね。いつも武器は後回しで着手しないで終わってしまうことも多いんですが(ぉ、雑誌作例とか見てやはり武器をちゃんと作ると見栄えするなぁというような気がしてきたので。


PG 1/60 RX-0 ユニコーンガンダム (機動戦士ガンダムUC)(Amazon)
15,870円で買ったんですが、今見たら15,000円になっとる…。




先月欲しかったガンプラは、これでした。
パーフェクトグレード RX-0 ユニコーンガンダム【再販】

5D4A5473

先日作ったMGのRX-0が変身機構含めてなかなか良い出来だったので、気をよくして買ってしまいました。PG ストライクガンダムを作って、その後完成したものを売ってしまった訳ですが、そのときに「もうPGはいいや。持て余す」という気持ちがあったのは覚えてるんですが、時間がたつと痛みを忘れてしまうのか、性懲りもなくというか。

折角少しモノを整理して、クローゼットに余裕を作ったんですが、またキツキツ状態に後戻り。

お台場の立像が建ったら、絶対に立像バージョンのガンプラが出ますからね。それを分かってはいつつ。しかもお台場のはサイコフレームが白色なので、赤にも緑にも光らせられるはず。PGもLEDキットを用意するなら、LEDを2色にして赤緑両対応にしてくれれば良かったのに。(まぁそうしてしまうとLED組み込まない場合の見栄えが問題になりますが…)


5D4A5479

うっ、内箱がないですね。真ん中にあるのは単なる仕切り板です。これ完成品を仕舞っておくのはどうしよう。

新技術としては「金属インサートパーツ」というのがあって、ツノがマグネットでピタッと1本に貼り付くようになっているようですね。


5D4A5480

組立取説には福井氏の寄稿が。
ユニコーンのキットなのに、Zガンダムの話から入っているのが面白い。Zガンダムで始まった「変形」路線は(主に商業的な理由で)頓挫した訳ですが、変形でこそありませんが「変身」メカニズムを再現する本キットについて、発売直後からレビューがシェアされてしまうご時世における「完成度」とは、という見解が述べられています。

またPG Zガンダムみたいに、作るの5年くらいかかるかなー。
普段ガンプラを飾っておく戸棚にも入らないので、もし飾っておくなら、人形のようにアクリルケースを用意するようかも知れません。



DX超合金VF-31用の、スーパーパーツが届きました。
これ確かバンダイ直販のみの受注生産で、一般店頭では売ってないですよね。プラモデル版は売っていますけど。

VF-31は素の機体だと「板っぱ感」が強くてあっさりしすぎている印象があり、これを付けた方がサマになるような気がします。(逆にガンダム系はあまり背中に何か背負わない方が私は好きだったりします。)


5D4A3478

店頭でアピールする必要がないので、箱は1色刷りです。


5D4A3479

宅急便ラベルが貼ってあった段ボール箱にもハヤテ・インメルマン用とか書いてあったりして、これ専用なんですね…。


5D4A3480

今日のところは展示場所の確保と箱の中身確認まで…装着写真はまた後日…
先日のユニコーンガンダムといい、「またあとで写真を撮る」案件が積み上がってるような気がする…。

ClariSのニューアルバム、Fairy Castle(完全生産限定盤)を買ってみました。これが限定生産特典の「アニメグラフ」というものです:



歴代の(ほぼ全てでしょうか?)ClariSのイメージイラスト、B3サイズ17枚34面+B2サイズポスターが入っています。

アニメグラフとは、アニメ雑誌の流通網では取り扱えないほど大きく、広色域インクを使用し、網点が見えないほどの高品質な印刷をしたグラビアです。詳しい説明はこちら。確かにすごい綺麗です。長手方向は50cm以上あります。紙質は普通のポスターよりは厚手ですが、ケント紙ほどではありません。

これ枚数も結構あるので、ハードケースか額縁に入れて適宜入れ替えながら飾ったら良さそうですね。ウチはツマとムスメが嫌な顔しそうなのでやりませんが。




こういうケースに入っています。




Amazonの箱、これで届きましたからね…。何事かと思いましたよ。

さてCD本編の方ですが、新生ClariSになって初めてのアルバムかと思いますが、いいですね。退屈なところがなく、一気に聴いてしまいました。前のClariSと違うのは仕方ないんですが、これはこれで良いと思います。コネクト、ルミナス、カラフルの、新生ClariSバージョンも入っていました。

ただ、このCD、パッケージが三種類あって、

1.限定CD+アニメグラフ版
2.限定CD+Blu-ray版
3.通常版CDのみ

えー、1は全部入りじゃないの!?
普通、ファンなら限定CD+BD+アニメグラフ欲しいよねぇ。そうなると1と2を両方買うわけで、そんな某アイドルグループもやっていないような(やってる?)商法はして欲しくないなぁというのが本音です。




マクロスΔの本放送時、TVCM流れてたじゃないですか。予約は瞬殺だったのに、もう買えやしないのに、どうしてTVCM流すの?何の嫌がらせなの?と腹を立てていました、私。

そしたらですね、それなりの出荷台数があったようじゃないですか。
いや、もしかしたら、価格が高くて、動きが悪かっただけなのかも…。

そんなわけで、ヨドバシでも発売日の12/17の終日、普通に買えていたDX超合金 VF-31J ジークフリードを買ってしまいました。かなり悩みましたが、1/72スケールキットの方はデカールを納得いくように貼るのが不可能に近い上、変形で壊しそうなので…何より作る時間がありません。それと、マクロス1作品につき1機くらい買ってもいいかと思ったというのもあります。










手指こそ稼働が少なく、Figmaばりのかなりの数の差し替えバリエーションが附属しますが、機体のソリッド感、隙間の緻密さ、塗装の質(ツヤ消し塗装!)等々、6年前のVF-25Fの頃の超合金からかなり進化しているのに驚きました。価格アップは必ずしも経済状況のせいではなかったのか…。

この技術でVF-25Fもリニューアルして欲しい…とつい思ってしまう出来映えです。

仕事の都合でまずは開封しただけでしばらく飾る時間はありませんが、落ち着いたら遊びたいです。

--
DX超合金 マクロスデルタ VF-31Jジークフリード(ハヤテ・インメルマン機) 約260mm ダイキャスト&ABS製 塗装済み可動フィギュア(Amazon)

このページのトップヘ