Kumadigital-CC

Cameras & Cars


イベント

ツマが職場の労組の抽選で東京ドームでの巨人横浜戦のチケットが当たった(正しくは無料ではなく、安くチケットが買える権利)ので、家族で観てきました。うちは横浜ベイスターズ目当てですが、労組としては巨人目当てを想定していたようで、チケットは巨人側の席。うーむ、川崎の職場だと巨人ですかね。横浜を内心応援しつつ、オレンジ色のポロシャツ着てウヤムヤな応援しながら観てました(;´Д`) 昼過ぎの試合だったので試合を観ながらお弁当食べようと、僅かばかりの横浜びいき感を出すために選んだ弁当は崎陽軒の東京ドーム限定チャーハン弁当(笑。


DSC09236

DSC08841a

ハマスター(勝手に命名)休んでるな。


DSC09167a

ツマはコンサート他で数回来てるらしいんですが、私はなぜか縁がなく。外から入った瞬間にすぐ球場で驚きました。もうちょっと外壁と球場間に距離があるものだと思っていました。

しかし今更ですが、この屋根が空気で支えられてるとはねぇ。外との気圧差は僅かに0.3%らしいですが、不思議なものです。

中は勿論空調が効いていて、これではビールが売れないだろうと余計な心配をしてしまいますが、雨の心配をせず空調が効いたところで野球観戦ができるというのは都会的ですねぇ。皆さんもう30年前からこういう環境で野球観戦されていたんですねぇ。個人的にはやっぱり野球は空が見えるところがいいような気もしますが、冷房と雨の心配なしという環境はそれはそれで魅力的です。


DSC09028a

試合の方は横浜は4月は巨人に対して勝ち越していたものの、5月は負け越していたのでどうかなと思っていたんですが、終わってみれば5−1で横浜の勝利。いやあ、いい試合見せて貰いました。


DSC09192a

ドームの外に出るとき、ドームの内圧をキープするための回転扉ではなく、数少ない普通の扉から出たのですが、追い風がすごくてちょっとしたエンタメですね。子供大喜びです。東京ドームを支える気圧を少しは体感できたでしょうか。

ところでこの近辺の駐車場は、土日だと上限料金がなくてプロ野球1試合見ると4千円前後かかってしまうことが多いのですが、今回 B-Times で東京ドーム至近ながら1日1,200円(完全予約制)という穴場の駐車場を見つけ、1,200円で駐められるのであれば家族4人で電車で行くより安いと、予約を入れクルマで行きました。プロ野球見ながらビールを飲めないのだけが残念でしたが、週末は比較的空いている丸の内近辺を子供たちに案内しながら帰ってきました。







…に行ってきました。家族で。

作品の性格上、お客さんは中高生(JC/JK)も多いのかなと思いきや、いやいや全然、ほとんど、いわゆる「大きなお友達」(しかも男性)でしたね。ましてや家族連れなんてほとんど見かけませんでした。


IMG_8733

会場は、今年になってやたらと来ている気がする神奈川県民ホール。このコンサートは劇中の舞台である「宇治」と、なぜか「神奈川」の2カ所でしか実施せず、宇治はともかくもう1カ所の会場に神奈川を選んで頂いてなんか光栄です。


IMG_8735


IMG_8736

今まで意識したことはありませんでしたが、「響け!」の劇中の演奏は、洗足学園音楽大学の学生がやっていたんですね。なるほど、音楽大学の学生であれば、「高校生トップクラス」の演奏の再現もできるでしょうし、製作コストも抑えることができるわけで、上手い方法を考えたものだと思いました。

TRUEの1期、2期のop(吹奏楽伴奏バージョン)も良かったですし、田中あすか先輩の中の人(寿美菜子さん)のまさかのRICOH THETAでの会場撮りにも驚きましたが、が、ですよ、劇中でもクライマックスとなる「三日月の舞」での神々しいまでの高坂麗奈のソロパートでまさかの音外しとか、やはりプロではないんだと意識させられる面もあり…。

しまいには洗足学園音楽大学への勧誘まであったのには失笑しましたが、ツマとムスメは斜め前に座っていた人がすごく臭かった(風呂入っていない系の)とのことで、なんか気の毒でした。(終わってから聞きました。)あまり良い思い出が残らなかったかな…。ツマはこんなにたくさんの「大きなお友達」が来るイベントに参加すること自体が初めてで、その時点で驚いてたんですけどね。



このページのトップヘ