Kumadigital-CC

Cameras & Cars


カメラ

ビデオ雲台を小型化した方がいるようですが、私はだいたい同じコストでワイヤードリモコンをつけました。

Canon HF G40、放送用にも耐えられる画質には満足していますが、ファミリービデオ用として使った場合には不満がないわけではありません。それは暗部AFとズームレバーの操作性。ステージをAFで撮影していると演出などで照明がフッと暗くなった場合に、即座にAFが迷い出します。これはソニーのハンディカムではなかった挙動で、やはりソニーは作りなれてるなぁという印象を持ちました。猛ステージは怖くてAFで撮影できないので、MFで撮影するようにしています。

もう1つの不満ポイントはズームレバー。シーソー式で速度もカスタマイズできるんですが、一定速でズームするのがとても難しい。可変速設定をやめて固定速モードにすれば良いのですが、今度はサッとズームしたいときにもどかしくなります。このへん、やっぱりソニーのズームレバーは良くできて(以下略

付属のワイヤレスリモコンを使うと一定速でズームできますが、さすがにホールみたいなところで赤外線リモコンを発光させるのは、他にキヤノンのビデオカメラを使っている人がいるかもしれませんし、テロ行為ではないでしょうか。


5D4C1705

HF G40本体にはワイヤードのリモコン端子もあるのですが、実はこれの仕様がまったく不明。説明書にも「2.5φ 入力」であるとしか記載がなく、何の規格の、どのリモコンが使えるかが全く分かりません。純正オプションにもそれらしきものは見当たりません。

しかしネットで調べてみるとどうもLANC端子らしく、ソニーの昔の(8ミリやDVの頃の)ビデオカメラ用ワイヤードリモコンが使えそうな雰囲気がします。その頃のソニーのLANCリモコン三脚は中古で千円~二千円ほどで売られており、物色したのですがさすがに20年ほど前の製品なので、なかなかマトモな個体には出会いません。あったとしても転売価格です。

新品だとManfrottoからLANCリモコンつきパン棒が市販されているのですが、これがまた2.7万円と高い。プロ用としてはそんなものなのでしょうが、さすがにビデオカメラ本体の1/4をリモコンに投入する気にはなれません。

他にはLibecやソニー、中国メーカーからそれなりにLANC対応リモコンは発売されているのですが、安価なものは中華クオリティっぽい感じで、それを避けるとグッと高くなる印象。数千円でほどほどのクオリティ…という私の期待値を満たす製品がありません。


5D4C1699

仕方なく、想定予算よりは高くなってしまいましたが、価格と機能と品質のバランスをとって、Libec ZFC-Lを購入しました。


5D4C1701

パッケージはすべて英語。あれ、日本のメーカーじゃなかったかな…


5D4C1702

開けたらもろ日本語でした(笑


5D4C1704

5D4C1706

5D4C1709



5D4C1725

機能としてはズーム(反転設定可)、REC START/STOP、フォーカスが装備されており、手持ちの雲台のパン棒に取り付けて使用します。HF G40での具体的な動作確認事例はなかったので若干不安はありましたが、全ての機能が動作しました。


5D4C1737

ズームレバーの裏側がえぐられているので、パン棒のグリップがある程度太くても干渉しにくいグッドデザインです。


早速実戦投入してみましたが、ズームはストロークが深くてとても使いやすいです。HF G40の本体側の加速度調整が反映されますが、デフォルト設定で微速から高速まで思い通りにコントロールできます。これや、この操作性が欲しかったんや…。

一方で、REC START/STOPボタンやフォーカスボタンは押下時に明確なクリック音がするので、ちょっと録画時には使えないなぁという印象。RECボタンのクリック音はタイミング的にぎりぎりカットされて録音されないかも?と期待しましたが、しっかり録音されました。フォーカス、RECは今までどおり本体ボタンを使ったほうが良さそうです。

それでもズームがスムーズにできるだけで大助かりです。

   




付けようかどうしようか長らく悩んでいましたが、SONY SEL1670Z Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS(名前長い)用のMCプロテクターを買いました。ZeissにはZeissという純正の組み合わせを心がけているので選択の余地はなかったのですが、アサヒカメラの総テストでもそれなりに優秀な結果が出ていたフィルターです。

5D4C1662

おそらく万引き防止を想定された、無駄に大きい箱。


5D4C1663

たぶん使うことはないであろう、立派なケースと保証書。
ケースがかっこいいので、他のことに使いたい。
保証書って…どこが壊れるというの…


5D4C1664

ブランド名併記。でも実際の製造はこの二社のどちらでもなく、コシナではないか?


5D4C1666

いい値段がするプロテクターですが、さすがにネジ切り位置に対するタンポ印刷の位置は製造上規定されていないようで、どの角度にどの印刷文字が来るかは個体差があるようです。このZeissバッジの横にT*マークが来ればカッコ良かったのにな!(ネットで見ると、実際そういう個体もある)

5D Mark IVが来てから、もうすぐ2年。もう2年。1年かと思っていたが、どうやら2年のようだ。
数えてみたら撮影したショット数は約3万。シャターユニットの寿命の5分の1を使ってしまった。しかし3万も撮った割にはあまり撮影後の印象が残っていない。撮影するところまでが楽しみで、撮影したら結果はどうでも良くなっているのかも知れない。

DP3M1038

そういえばEOS RもNikon Zも、申し合わせたように肩部の液晶が、スクエアな背景黒ベースの液晶になった。「後発のキヤノンがニコンを見て真似をした」なんていう人もいるのかも知れないが、数週間遅れでリリースされるような日程で真似などできるはずがない。部品メーカーのトレンドに乗せられているか、偶然の一致だろう。

たぶん、上の写真のような大きな液晶が、まるで今日における幅43cmのフルサイズオーディオ装置のように見えてしまう時代がすぐ来るのだろう。

セルフプレゼントで最近α7 IIIを購入された方がいるようですが、私もSEL1670Zを買ったら今度は本体が物足りなくなってしまい、キャッシュバックキャンペーン中にα6000+SELP1650を下取りに出してα6500を買ってしまいました。RX100M6でもα7 IIIでもなく旬を外している気はしますが、自分としてはα6000そのままのサイズ感で中身をアップデートしたかったので、これでいいんです。




お店であまり触ったことはなかったんですが、電源を入れて日付を合わせるときにジョグダイヤルを押し込んだ瞬間に笑ってしまいました。筐体の剛性感がα6000とまるで違うのがワンクリックで分かるんですよ。




ミラーレス系のαに残る悪癖「電源ON/OFFに思ったより時間がかかる場合がある(必ず遅いわけではない)」はこの機種でも健在ですが、おおむね全方位アップデート。α6000とは似て非なるものなので、併売するのも分かる気がします。一番嬉しいのは手元の手ブレ補正なしEマウントレンズが、すべて手ブレ補正対応になることですね。2番目は液晶をチルトさせているとEVFへの自動切替が抑止されること。α6000で感じていた掻痒感がなくなっていい感じです。


しかしまさか、そこにダメ押しで、「新しい酒は新しい革袋に盛れ」という諺に従ってPeak Designのストラップまで揃えてしまうとはね…。




微妙なタイミングだったんですが、同梱されていたパーツは例のリコール対象のものでした。もちろんすかさず交換申請。


【国内正規品】PeakDesign ピークデザイン リーシュ カメラストラップ アッシュ L-AS-3(Amazon)

Eマウントのフォトヨドバシ本は買っていませんが、みなさん古くからお持ちのZeissズームレンズを買いました。




そもそも、E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS (SELP1650) が登場したからこそ、私はサブカメラとしてα(当時のNEX)を買いました。SELP1650を装着したAPS-Cのα(NEX)はコンデジより一回りほど大きいだけで、画質は一眼レフに迫るという使いでのあるシステムでした。



α6000 + Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS

しかしその後RX100M3を購入して、実質的にはそれでいいや的なシチュエーションが増え、α6000の出番はかなり減ってしまいました。追い打ちをかけるように私のメインカメラがEOS 5D Mark IIIから Mark IVになって、α6000だけが昔のままで置いて行かれたため、ますます出番が減ってしまいました。本来は「ほどほどに小さくて軽くて、一眼レフ画質」というポジショニングだったのですが、手持ちのシステムの中では凡庸な性能扱いになってしまったのです。



α6000 + Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS

とはいえ、α6000のポテンシャルはこんなものではないはずだと、α6500のキットレンズにもなっている E 18-135mm F3.5-5.6 OSS (SEL18135)の登場を機に、EマウントAPS-Cサイズの高性能標準ズームの検討を始めました。高性能と言ってもα6000の機動性をできるだけ殺さないように、大きくて重いのは論外で、となると実質的にSEL18135とSEL1670Zの一騎打ちになるわけです。

SEL18135をデジカメWatchでレビューされた三井さんによると、その出来は「これで充分」とのこと。いつかSEL1670Zを買おうと思っていた自分ですが、新登場でより安価でズーム倍率も高い SEL18135 で充分となると、心が揺れます。



α6000 + Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS

SEL18135の新品とSEL1670Zの中古で比較してもSEL1670Zの方が少し高いくらいなのですが、Zeissバッジに絶対的な憧れがある私は幾ら設計が古くても、SEL18135を買ったところでSEL1670Zが欲しくなるはずだと、中古のSEL1670Zの方を買いました。この春は子供たちが揃って進学したのでいろいろ物入りで、金銭感覚がどんぶり勘定になったところは否定しません(ぉ




しかしZeissでズームで手ブレ補正付きって、Zeiss自身は絶対作らないよね…。


 

このページのトップヘ