Kumadigital-CC

Cameras & Cars


2019年02月

「コミックシーモア」で配信されている「いとなみいとなめず」を読んでいます。
タイトルがあざといですが、至って純真というか…まるでめぞん一刻の最終巻からスタートしているような感覚を覚えました。すなわち、ほとんどが円満でうまく行っていて、でもその中にあるちょっとした日常生活の引っかかりと誤解…というところが。


スクリーンショット 2019-02-18 23.38.11

「どうしましょう」って!
こんな仕草の高校2年生いませんから!!


いま配信は今日時点で7巻までで、次回初夜のようなんですが、たぶん「いとまない」んでしょうね。営んじゃったらタイトル回収できませんもんね。

ちょっと恐れているのは、ヒロインの「澄ちゃん」があまりにも出来過ぎな子なので、営む前に亡くなってしまうのではないかというところ。こうなると一気にタイトルが重くなってしまいますが、最近それくらいショッキングなのが流行のようなので。そんな「まどマギ」的な流れではなく、普通に幸せな家庭を築いたまま終わって欲しいですね。







パノラミックビューモニター、どれくらい信用できるかなんですけど…2ヶ月ほど使ってみて、時々判断が付かないケースがありました。というのも、解像度が低すぎて、乗り上げていいものなのか、障害物なのかの判断が付かないことがあるんですね。明るいときはまだいいんですが、薄暗くなると本当によく分からないケースが多いと感じます。

A6500854

ちょっと試してみますが、たとえばこういう障害物。


A6500853

モニターではこう見えます。三脚だと分かっていればそう見えますが、事前情報なしにこれだけ見せられると「何これ?」となるでしょう。ましてや薄暗い場所で、もっと複雑な形状の物だったりするともう分からない。4つのカメラの画像をつなぎ合わせて生成した画像なので仕方ないんですが、これをあてにして運転するのはかなり慣れ(経験)が必要に思います。

これ、ナビ画面の解像度が上がったら、もう少しディテールまで見えるようになるんでしょうか?

という訳で、パノラミックビューモニターは面白いですが、バックカメラほど有益ではないかなぁ…というのが感想です。もしバックギアに合わせて左ミラーが少し下を向く機能があれば、それで足りると思います。



このページのトップヘ