ソニーのHDR-CX550Vを使い始めてはや6年、さすがになんか進歩させたくなってきました。具体的にはダイナミックレンジの狭さを何とかしたいと思っています。

5D4A2671

そこで、いくつかアップグレード案を考えてみました。

1.ソニーの最新の4Kカメラ(たとえばFDR-AX55)に買い換える。

これは解像感の向上はあっても、ダイナミックレンジ的にはかえって悪化するような気がします。しかもYouTubeの作例見ると、低照度で色が浅いですね。あれはないかな…。


2.キヤノンiVIS HF G40に買い換える。

こちらはダイナミックレンジの向上の可能性はありますが、費用対効果が高いとは思えません…。後述のEOS Movieと比較して、ソリューションの安定感、使い勝手含め手堅い選択肢ではありますが…。2010年頃のCMOS Full HDビデオカメラにあった、ローリングシャッター歪みと電子手ブレ補正が相互に悪い方向に働いて映像が前後方向にグニョグニョして見える現象が未だに少し残っているように見えるのも気になります。もうiVISは開発体制が充分じゃないでしょうし、SONY/Panasonicと比べて細かい問題は直しきれないですよね…。


3.EOS Movieを活用する。

そう、ダイナミックレンジの広いカメラと言えば、手元に高級なカメラがあるじゃないですか。EOS 5D Mark IV。ただ、キヤノンはビデオカメラ専用機としてEOS Cシリーズを出しているので、普通のEOSシリーズの動画機能にいまいち本腰が入りきっていないのが気がかり。たとえばピーキング表示がない、などです。ただ、画質的には家庭用2Kとしては最高峰だと思うんですよね。

この中で一番安上がりなのはEOS Movie。それなりの雲台と電池とマイクとメディアを買い足せばいいので、おそらく5万円あれば足りるでしょう。ただ、1カメで一発撮りしかできないステージ撮影などを、任せられるカメラなのかどうかだけが心配です。ズーミングなど、相当練習が必要でしょうし…。

いずれにしてもいま使っているベルボンの雲台FHD-52Qの華奢さが気になってきたので、そこをEOS 5D IVを乗せられるようなものにまずは買い換えて、そこから練習してみて、いけるようならマイクやメディアを書い足し、いけないようならHF G40貯金かな…。