ふと見たマップカメラのWebページで、ずっと気になっていた EF 85mm F1.8 USM(中古) がすごくいい感じのお値段で出ていたので迷うことなく捕獲。新品実売価格の半額強くらいでした。

2009年に@yataroさんと@saika先生と鶴見線のネコを撮りに行った際に、サイカ先生がEF 85mm F1.8 USMで撮ったうちの子供たちの写真に衝撃を受けて以来の片思い。まぁサイカ先生は先生で、あのときに私が使っていたEF 70-200mm F4L IS USMの大きさと画質のバランスに衝撃を受けてその後購入されてますのでお互い様ですね(ぉ

それと、次に出る85mmがF1.4になってLになってISになって凄く高くなると言う噂が出ていたので、それが登場して「85mmフィーバー」が起きて相場が全体的に上昇するのには飲み込まれたくないという気持ちもありました。




安かったのは状態が「並品」だったのと、中古決算セール中だったということが理由ですが、そもそもEF 85mm F1.8自体マップカメラでは瞬殺だし、「並品」という程度があまり宜しくない状態のが出るのはさらにレアなので、迷いはなかったです。




宜しくないと言っても理由が「レンズ内チリ」と「フード擦れ」なので、まぁいいんじゃね、と。確かにレンズ内チリはああ確かに結構あるね(;´Д`)というレベル。いつか時間ができたら分解して掃除しよう…。




とはいえ緩さと繊細さの同居が魅力のこのレンズ。EOS 5D Mark IVではISOオート時のSSが「速め」「遅め」が選べるようになったので、手ブレ補正がなくても何とかなるシチュエーションが拡大したというのも嬉しいところ。

ムスメはいよいよ写真を撮らせてくれなくなってしまいましたが、ムスコでも撮るか。