Audi Adapter for apple iPod/iPhone with lightning connector…という、要は純正カーナビにiPhoneを接続するケーブルを買いました。


5D4A1484

A3は2017モデルからiPhone接続端子がAudi music interfaceから普通のUSBに変更になったので、専用のAudi music interfaceに接続するケーブルは(他にまだ残存車種があるとはいえ)間もなくディスコンになるだろうなぁと、確保しておく意味もあって購入。

通常、純正カーナビにiPhoneから音楽を飛ばす場合はBluetoothを使えばいいのですが、AudiのBluetoothはどうもソニーあたりと比較すると音飛びが多い印象。それに嫌気がさして最近では曲をSDカード経由で直接純正カーナビ内にコピーしたりしてたんですが、この方法だと新曲を入手する都度コピーをするのが面倒です。そこでiPhoneが直接接続できて音質的にも安定しているこのケーブルの出番があるというわけです。


5D4A1489

ただこのケーブル、ご覧の通り「何があった」というくらいコネクタ部が巨大です。これはApple純正iPhoneケースですら干渉するのでは…と思いましたが、難なくクリア。全体的に少し浮いているので大抵のケースで大丈夫そうですね。


5D4A1492

車体側のコネクタはこんな感じ。MITSUMIだそうです。


5D4A1495

空き端子がいっぱいあるので、Audi music interface端子は本来、いろんな用途があるんでしょうねぇ。おそらくビデオ系の信号なんかもあるんでしょうが、いまやHDMI入力がないと話にならないですからね。Audi music interfaceの規格を策定した時代ではHDMIはキャッチアップできなかったんでしょう。


5D4A1496

車体側の端子は肘掛けの下のグローブボックス内にあります。ちなみに左にUSB端子がありますが、これは充電専用です。


5D4A1500

ケーブルが短いので、たとえばこういうところに置かざるを得ないわけですが、ここではカーブを曲がるとすぐiPhoneが飛んでいきそうです。従って、ボックス内にiPhoneを入れておくのが無難だと思います。iPhone車内置き忘れ案件が多発しそうです


5D4A1513

機能的にはiPhone側で認識されているプレイリストにまで対応しており、不満はありません。


5D4A1514

ただ、SDカードでコピーした場合もそうなんですが、ジャケット画像が800x800pixelまでしか認識できないので、かなりの割合の曲がジャケットを表示することができません。ジャケットが表示できない場合には、こういった謎男の画像が表示されるのですが、KOREAN/JAPANESEという文字列と共に、とても気分が悪いですね。いっそのこと非表示にしてくれた方がよほどマシなんですが。何とかならないでしょうかAudi Japanさん。