Kumadigital-CC

Cameras & Cars


だいぶ前から気になっていたんですが、EOS 5D Mark IVで撮影中に「DCカプラ通し部」がプラプラし出してしまいます。ゴムでできたフタなのですが、指に引っかかったりして気になることこの上なし。ここが開いていると防水性も失われるし。

DSC08508

ここはEOSをAC電源アダプタで使うときに別売のDCカプラーDR-E6の電源コードを通す穴。歴代の多くのEOSに似たような穴がありますが、過去一度も使ったことはありません。

いままで使ってきたEOSでここに不具合を抱える個体はなかったのですが、今回の5D Mark IVは個体差なのかも知れませんが、DCカプラ通し部を閉めた状態でゴムの先端がごく僅かにカメラ底面からはみ出ています。

はみ出た先端を切ると白化しそうだし、どう見ても不良なのでメーカーに修理を出しても良かったのですが、グリップラバーの浮きも接着剤で貼り付けてしまったので、今回もエポキシ系接着剤でDCカプラ通し部を固定式にしてしまいました。

ただ、あまり大量に接着剤を塗布すると見栄えに影響が出るので、塗る量は最小限にしました。果たしてこれでプラプラが治まるか。

しかし初期ロットだったからかも知れませんが、今回の5D Mark IVは右手周りのゴム系部品に不具合が多いですね。

余談ですが、

DSC08507

今回の補修をしていて、電池室フタを外すためのノッチが5D Mark IIIと比較して操作しやすくなっていることに気がつきました。でも縦グリ持ってないんだよー。



Canon バッテリーグリップ BG-E20




会社でiPhone 7(中古、シルバー)と、エレコムの安いケースを支給されたので、自腹でケースを買いました。いつもの純正品です。




iPhone 7/8兼用の純正レザーケースです。PRODUCT (RED)と悩んだのですが、赤の発色が落ち着きすぎていたのでまぁ普通に無難な色に。

iPhone 8用になってからケース上のボタンの質感が少しメタリックっぽくなりましたね。高級感が少しアップ。




ところがツマからは「紛らわしい」と不評。左から順にツマの6S、私の会社用7、個人用7。




確かにiPhone純正レザーケースはけっこう手の油を吸って変色するので、そうしたらツマのケースとの一瞬の見分けはしにくくなるかも。




それにしてもこの色をチョイスする率がけっこう高い。DSC-RX100 IIIのケースも純正のこれだし、ショルダーバッグもこれ。写真には写ってないけど名刺入れもペンケースもこの色だったりする。まぁ、リラックマ色ですよね。


トーンオイルヌメ ショルダー


価格改定されて高価くなったなぁ…これ。自分が買ったときの1.5倍か。

クルマ(Audi A3 8V型)のインパネのところに時々「キーの電池残量低下」のアラートが出るようになったので、交換しました。寿命1年半でした。電池の型番はポピュラーなCR2032。

DSC08505

7〜8年前くらいからでしょうか、車検時のディーラーのデフォルトの整備メニューに「キーの電池交換」が含まれていて、「いやいや自分でやるからいいですよ」と断ってはいたんですが、前のクルマ(Audi A3 8P型)のリモコンキーは3〜4年くらい電池が持っていたので、自分で好きなペースで交換していた方がよかったのです。

しかし最近のクルマは定期的にキーと車体が無線通信をしているようで、たとえばエンジンをかけたままキーを外に持ち出すと数秒後に「キーなし」のアラートがインパネに表示されます。これは車内にキーがあることを数秒に1回ずつ通信して確認してると言うことですよね。

寿命1年半では、これは確かにディーラーの車検メニューに電池交換が組み込まれてしまうのも分かる気がします。それに交換してみると思ったより難しい。振動や防水に配慮しているせいかフタの開閉やボタン型電池の着脱がけっこう硬くて、どれだけ力を入れたら壊れる or キズ付けるか、というところの経験値がない方には難しいだろうなぁと思います。家電のボタン型電池を使うリモコンとはワケが違います。

なお、新しい電池はPanasonicを用意しましたが、新車装着時の電池もPanasonicでした。


ツマに誕生日プレゼントを貰いました。
例年特に欲しいものはないんですが、今年はありました。
CASIO G-SHOCK GAW-100B-1A2JF。「ソーラー電波時計」の「針式」で最もベーシックなモデル。
特にニューモデルを狙った訳ではないんですが、10/6発売なんですね、これ。




普段はASTRONとかnano universe ジョブズモデルを使っていますが、ASTRONはフォーマルなのでアウトドアやレジャーには向かないし、nano universeは防水ではないので、「防水で野外活動に向く腕時計」が欲しくなりました。あまりアウトドア派ではないですが、それでもちょっとした野外活動はするので。

今までG-SHOCKってピンとこなかったんですが、それは「一張羅」の腕時計として考えていたからということが今回分かりました。ASTRONやnano universeがあると、俄然G-SHOCKが光って見えます。




しかしこのクラスだからなのかも知れませんが、説明書が丸まってビニールの筒に入ってきました。これは私が中学校のときに買って貰ったカシオのデジタル時計と何ら変わっていません。説明書が丸まってとても読みにくいので、そろそろ進化してもいい頃ではないでしょうか。ケースは立派な化粧箱が付いてくるのに、説明書がこんな読みにくくてはねぇ。

結局これは読まずに、Webサイトから説明書PDFを落として読みました。




時計自体は驚くほど多機能で、マイコンの進歩なんでしょうね、針式といっても小型の液晶が3つも付いていて、うち1つは文字がスクロールもするので複雑な設定も比較的分かりやすく行えます。アラームなんか5プログラムもあるんですよ。一方で重量は72gとアストロンの約半分。存在感はありますが軽量です。Apple Watchのように持ち上げただけで照明LEDが点灯する機能まであるのは驚きました。だってASTRONは暗いところでは見えませんよ…?

ヘビーな見た目ですが、このクラスだとキズに対するプロテクションもおそらくほどなんでしょうね。用途も用途ですし、たぶん使っているうちにけっこうキズだらけになるのではないかと思いますが、プレゼントなので長く使えるといいなぁと思います。


■CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック 電波ソーラー GAW-100B-1A2JF メンズ(Amazon)

使用頻度は決して高くないんですが、この分野は応援しているのでそういう意味もあってTHETA Sを下取りに出して、THETA Vに買い換えました。THETA Sの下取りが思ったほど高くなかったことと、THETA Vが結構いい値段するので、結果として半額以上の負担額になってしまいましたが…。




今回、OSがAndroidベースになったということでイヤな予感はしていたのですが、それは見事に的中していて、AndroidベースのWalkmanと同じ悪癖があります。すなわち、

・起動が遅い。(コールドスタート時の起動時間 約15秒)
・すぐ起動できる「スリープ状態」だとバッテリーの消費が激しい。(測っていませんが他の方のレビューでは2日ほどでバッテリーがカラになるという話も)

ということです。やっぱAndroidはカメラや音楽プレーヤーに使ってはダメですよ…。

とはいえ悪いところばかりだと何のために買い換えたんだという話もありますので、良いところも挙げたいと思います。少し使ってみた第一印象としては:

・静止画の色が良くなった
・スマホへの転送が爆速。速かったTHETA Sよりさらに速い。
・4K動画きれい

といったところでしょうか。
静止画は全体的な青っぽさが抜け、キヤノンに近い健康的な色合いになりました。画素数自体はTHETA Sから変わっていませんが、精細感も僅かにアップしているように思います。

4K動画は「THETAとしては」という前提付きですが、過去のTHETAシリーズの中で抜群に高画質な動画が撮れます。これは思わず画質を見て「おっ」と声が出てしまった部分。




筐体はラバー塗装から、さらっとした一般的な塗装になり、経年劣化でべたつく心配がなくなりました。かわいいシャッター音は相変わらずです。

動画を中心にいろいろ進化しているようなので、価格上昇分が納得できるだけ楽しめるのか、試してみたいと思います。


RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー(Amazon)

このページのトップヘ