Kumadigital-CC

Cameras & Cars


PowerShot S100に15,000円かけてストロボ修理せずに、IXY 190を買いました。第一の用途はムスメの修学旅行用。


5D4A2957

箱ちっさ!!


5D4A2940

ブラザーのプリンタインクの方が箱大きい!!


以上、「箱が小さくて驚いた」というだけのエントリでした…

中身は、まぁ、IXYなんで。






EOS 5D Mark IV Firmware 1.0.4がリリース。
修正点は、
1.Bulbや長秒時の撮影で、撮影した画像の中央下部に赤い光が写り込むことがある現象を修正しました。
2.AFするタイミングによってはAFが動作しないことがある現象を修正しました。
3.カメラとSDカードの通信の信頼性を向上しました。

特にそういう現象に遭遇したことはありませんでしたが、アップデート。

DSC08161

そういや1.0.2、1.0.3も出ていましたが、忙しくて購入してから1回もアップデートしていませんでした…。

EOS 5D Mark IV、歴代の他のEOSと異なり、大規模な初期障害は聞いておらず、なかなかグッド。個人的にはダイヤルがギシギシ鳴ったり(→初期不良交換)、

DSC08162

この辺のラバーが浮いてきたりして、修理に出すまでもないと両面テープを挟んでみたけどダメで、エポキシ接着剤でくっつけてしまったという…。そういうちょっとした不具合はありました。でも歴代のEOSでは良い方だと思います。


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkIV ボディー EOS5DMK4(Amazon)

サファイヤガラスでもないし、革ベルトだし、新品のうちに写真に残しておこうと思って撮影。













驚いたのは、ASTRONですらコマをいくつか外したのに、この革ベルトを自分の腕にはめてみたら一番外側の穴でギリギリだったこと。ベルト短いの?と思ってヨドバシ店頭で他の別売ベルトと比較してみたけど、ごく普通の長さ。革ベルトの標準サイズって、短いんだなぁ。

まだ買うと決まったわけではありませんが、EOS 5D Mark IVで動画を撮るためのマイクを物色してみました。

飯能方面の天の声で「AZDENも悪くないですが、RODEというメーカーが最近人気」と聞いたので、調べてみることに。

54

が、予算で想定していた1万円前後のものだと軒並みモノラルで、ステレオになると2〜3万円はしてしまいます。モノラルは音声は聴きやすいんですが、発表会の撮影とかとなるとやっぱりステレオ録音したいしなぁ。

なんかこれといった決定打がなく、困ってしまいます。オーディオと同じで(いや、オーディオですが)沼の予感。

1万円前後となると、やっぱりAZDEN SMX-10とか、オーディオテクニカ AT9945CMとかですかねぇ。



EOS Movieを本格的にやるにしても、今のハンディカムを使い続けるにせよ、いま使っているベルボンのビデオ雲台FHD-52Qの華奢さが気になってきたので、ベストセラーのManfrotto MVH500AHに買い換えました。詳しいレビューは3年前に買った人に丸投げ(ぉ




大きさ的にはGitzoの2型にピッタリです。カウンターウエイトが2.4kg相当分のスプリングで内蔵されているので、上の写真のように70-200 f/4Lあたりを付けるとちょうどいい感じです。




ただカウンターウエイトは内蔵のバネで再現されているので、傾ける角度が大きくなるほど反力は強くなります。つまり乗せる機材が軽い場合、上または下に大きく傾けると手を離すと水平に戻ろうとします。固定ネジを半締めしておけば大丈夫ですが、このあたりはシリーズ中最廉価モデルなので仕方ないでしょう。もちろん、FHD-52Qとは価格が3倍くらい違うので剛性感がとても高まっているのは実感できます。




家庭用ハンディカムあたりだと、もはや何も乗っていないに等しいくらいの軽さです。

クイックプレートに位置固定式のVHSビデオピンがあるのですが、一方で重量バランスが真ん中に来るようにカメラの取り付け位置を前後調整するように説明書に指示もあり、いやいや、VHSビデオピンが固定式ではカメラの取り付け位置を前後に調整できないでしょう?とツッコミたくなりました。設計ダメでしょこれ。EF 70-200 f/4L + EOS 5D Mark IVだと、前後の重量バランスを取るにはVHSビデオピンに微妙に干渉する位置に付けないといけないので、VHSビデオピンは外してしまいました。

なお写真にあるHDR-CX550Vのような家庭用ハンディカムの場合、逆に軽すぎてどの位置に固定しても重心がずれることに起因する使いにくさはほぼなくなるので、いっそのこと上の写真のようにやや後ろ気味に取り付けると、雲台から外さずにバッテリー交換ができます。この場合でもVHSビデオピンは役に立ちません(;´Д`)ああでも上の写真のように取り付けるとCX550Vでは本体前面のマニュアルダイヤルが回しにくいですね…悩ましいですねこれ。

そういえば冒頭にリンクを張ったBさんのブログを見ていて気がつきましたが、私が買った世代はクイックプレートが少し変更されていて、ネジの落脱防止をするためのゴム製の部品がありませんでした。元々カメラ取り付けねじはある程度回しながらクイックプレートにはめ込むので、そう簡単には脱落しないだろうという判断なのだと思います。ゴム製の部品を保持するためのサブ穴も空いていませんでした。が、説明書はこの新しい構造に変更されておらず(;´Д`)、一瞬、部品の欠品かと思いましたよ…。

このページのトップヘ