Kumadigital-CC

Cameras & Cars


EOS Movieを本格的にやるにしても、今のハンディカムを使い続けるにせよ、いま使っているベルボンのビデオ雲台FHD-52Qの華奢さが気になってきたので、ベストセラーのManfrotto MVH500AHに買い換えました。詳しいレビューは3年前に買った人に丸投げ(ぉ




大きさ的にはGitzoの2型にピッタリです。カウンターウエイトが2.4kg相当分のスプリングで内蔵されているので、上の写真のように70-200 f/4Lあたりを付けるとちょうどいい感じです。




ただカウンターウエイトは内蔵のバネで再現されているので、傾ける角度が大きくなるほど反力は強くなります。つまり乗せる機材が軽い場合、上または下に大きく傾けると手を離すと水平に戻ろうとします。固定ネジを半締めしておけば大丈夫ですが、このあたりはシリーズ中最廉価モデルなので仕方ないでしょう。もちろん、FHD-52Qとは価格が3倍くらい違うので剛性感がとても高まっているのは実感できます。




家庭用ハンディカムあたりだと、もはや何も乗っていないに等しいくらいの軽さです。

クイックプレートに位置固定式のVHSビデオピンがあるのですが、一方で重量バランスが真ん中に来るようにカメラの取り付け位置を前後調整するように説明書に指示もあり、いやいや、VHSビデオピンが固定式ではカメラの取り付け位置を前後に調整できないでしょう?とツッコミたくなりました。設計ダメでしょこれ。EF 70-200 f/4L + EOS 5D Mark IVだと、前後の重量バランスを取るにはVHSビデオピンに微妙に干渉する位置に付けないといけないので、VHSビデオピンは外してしまいました。

なお写真にあるHDR-CX550Vのような家庭用ハンディカムの場合、逆に軽すぎてどの位置に固定しても重心がずれることに起因する使いにくさはほぼなくなるので、いっそのこと上の写真のようにやや後ろ気味に取り付けると、雲台から外さずにバッテリー交換ができます。この場合でもVHSビデオピンは役に立ちません(;´Д`)ああでも上の写真のように取り付けるとCX550Vでは本体前面のマニュアルダイヤルが回しにくいですね…悩ましいですねこれ。

そういえば冒頭にリンクを張ったBさんのブログを見ていて気がつきましたが、私が買った世代はクイックプレートが少し変更されていて、ネジの落脱防止をするためのゴム製の部品がありませんでした。元々カメラ取り付けねじはある程度回しながらクイックプレートにはめ込むので、そう簡単には脱落しないだろうという判断なのだと思います。ゴム製の部品を保持するためのサブ穴も空いていませんでした。が、説明書はこの新しい構造に変更されておらず(;´Д`)、一瞬、部品の欠品かと思いましたよ…。





ソニーのHDR-CX550Vを使い始めてはや6年、さすがになんか進歩させたくなってきました。具体的にはダイナミックレンジの狭さを何とかしたいと思っています。

5D4A2671

そこで、いくつかアップグレード案を考えてみました。

1.ソニーの最新の4Kカメラ(たとえばFDR-AX55)に買い換える。

これは解像感の向上はあっても、ダイナミックレンジ的にはかえって悪化するような気がします。しかもYouTubeの作例見ると、低照度で色が浅いですね。あれはないかな…。


2.キヤノンiVIS HF G40に買い換える。

こちらはダイナミックレンジの向上の可能性はありますが、費用対効果が高いとは思えません…。後述のEOS Movieと比較して、ソリューションの安定感、使い勝手含め手堅い選択肢ではありますが…。2010年頃のCMOS Full HDビデオカメラにあった、ローリングシャッター歪みと電子手ブレ補正が相互に悪い方向に働いて映像が前後方向にグニョグニョして見える現象が未だに少し残っているように見えるのも気になります。もうiVISは開発体制が充分じゃないでしょうし、SONY/Panasonicと比べて細かい問題は直しきれないですよね…。


3.EOS Movieを活用する。

そう、ダイナミックレンジの広いカメラと言えば、手元に高級なカメラがあるじゃないですか。EOS 5D Mark IV。ただ、キヤノンはビデオカメラ専用機としてEOS Cシリーズを出しているので、普通のEOSシリーズの動画機能にいまいち本腰が入りきっていないのが気がかり。たとえばピーキング表示がない、などです。ただ、画質的には家庭用2Kとしては最高峰だと思うんですよね。

この中で一番安上がりなのはEOS Movie。それなりの雲台と電池とマイクとメディアを買い足せばいいので、おそらく5万円あれば足りるでしょう。ただ、1カメで一発撮りしかできないステージ撮影などを、任せられるカメラなのかどうかだけが心配です。ズーミングなど、相当練習が必要でしょうし…。

いずれにしてもいま使っているベルボンの雲台FHD-52Qの華奢さが気になってきたので、そこをEOS 5D IVを乗せられるようなものにまずは買い換えて、そこから練習してみて、いけるようならマイクやメディアを書い足し、いけないようならHF G40貯金かな…。


EF 85mm F1.8ですが、ホコリが入りやすいと言うことはそれだけの隙間があるわけで、きっと外からアクセスが容易なんだろうと、軽く分解掃除してみました。

先端に近い方の外装のネジ3本を外すと先端部外装が外れるので、次に1群(正確には1〜4群一式)を固定しているネジ3本を外すと外れます。

5D4A2331a

1群(正確には一体化されている4群目)の裏側が一番のホコリの吸着場所でした。ブロワーでは落ちず、レンズクリーナーで拭きました。これでレンズ内のゴミは8割かた取れたように思います。が、このレンズの裏側って拭いても拭いてもホコリが寄ってきて、これではホコリ溜まるわと思いました。

ふと見たマップカメラのWebページで、ずっと気になっていた EF 85mm F1.8 USM(中古) がすごくいい感じのお値段で出ていたので迷うことなく捕獲。新品実売価格の半額強くらいでした。

2009年に@yataroさんと@saika先生と鶴見線のネコを撮りに行った際に、サイカ先生がEF 85mm F1.8 USMで撮ったうちの子供たちの写真に衝撃を受けて以来の片思い。まぁサイカ先生は先生で、あのときに私が使っていたEF 70-200mm F4L IS USMの大きさと画質のバランスに衝撃を受けてその後購入されてますのでお互い様ですね(ぉ

それと、次に出る85mmがF1.4になってLになってISになって凄く高くなると言う噂が出ていたので、それが登場して「85mmフィーバー」が起きて相場が全体的に上昇するのには飲み込まれたくないという気持ちもありました。




安かったのは状態が「並品」だったのと、中古決算セール中だったということが理由ですが、そもそもEF 85mm F1.8自体マップカメラでは瞬殺だし、「並品」という程度があまり宜しくない状態のが出るのはさらにレアなので、迷いはなかったです。




宜しくないと言っても理由が「レンズ内チリ」と「フード擦れ」なので、まぁいいんじゃね、と。確かにレンズ内チリはああ確かに結構あるね(;´Д`)というレベル。いつか時間ができたら分解して掃除しよう…。




とはいえ緩さと繊細さの同居が魅力のこのレンズ。EOS 5D Mark IVではISOオート時のSSが「速め」「遅め」が選べるようになったので、手ブレ補正がなくても何とかなるシチュエーションが拡大したというのも嬉しいところ。

ムスメはいよいよ写真を撮らせてくれなくなってしまいましたが、ムスコでも撮るか。

nobi.com (JP)|ジョブズ愛用腕時計の復刻

腕時計なんていま使ってるセイコー・アストロンが生涯4本目で、腕時計を収集する趣味はないのですが、これは買わざるを得ませんでした。

発表になった日の夜、各ネットショップでは予約を受け付けているんだかいないんだか分からない状態だったので、翌朝…翌朝には一度忘れていたのですが…緩い時間に、SEIKOのWebページに掲載の取扱店の中から「ここかな」というところにTELしたところ、あっさり予約完了。


5D4A2274

発売日となる本日の注目度はすごかったようで、私が購入した店舗でも朝のうちは10分に1回はこのモデルの問い合わせの電話が鳴っていたとのこと。聞くところによると他の店舗でも「こんなに問い合わせの電話が鳴るなんて今まで経験がない」というところもあったようです。

私が購入したTICTACでは、各店舗1モデルあたり2本(中には1本の店舗もあった模様)。当初各店舗1本だったところ、予想を超える予約の立ち上がりにSEIKOに交渉して割り当て本数を増やしてもらったようです。

なお本家のナノ・ユニバース店舗では、予約を受付せず欲しい人は各店舗に直接並べ、という往年のアップルストアのような方式をとったようで、予約をせずとも当日購入できた方もいるようです。


5D4A2282

ジョブズが愛用したというサイドストーリーもさることながら、1982年当時のミニマルデザインが、一周回って21世紀にヒットするなんて誰が予想したでしょうか。


5D4A2287

シリアル番号は863番でした。


5D4A2295

想像していたよりちょっと重い本体。表面ガラスがサファイアガラスではないのはちょっと残念。普段使いするとあっという間に年季が入ってしまいそうです。そもそも革バンドの腕時計なんて買ったことないので、どうメンテしていいのかもよく分かりません。(小学校の頃に親に買ってもらった最初の腕時計は革風だったけど、きっとポリウレタンか何かだっただろうなぁ…)

実はジョブズが本当に使った腕時計はこれより僅かに小さくて、今回レディース用としてリリースされた33mmケースの SCXP051 が該当します。本当のジョブズサイズにするか悩みましたが、腕は太い方だと自認しているので、メンズ用と銘打っている37.5mmケースのSCXP041を選択。腕に乗せてみるとやはりメンズ用の方が私の腕には合いそうです。

限定1982本は本日でおそらく売り切れたでしょうが、 SEIKO / ナノユニバース側でも今回の件は手応えを感じたでしょうから、何らかの追加の手を打ってきそうな気がします。

このページのトップヘ