Kumadigital-CC

Cameras & Cars


積みプラになるかと思われたHGアッシマーですが、何とか完成にこぎ着けました。塗装はガンプラマーカーやタミヤのスミ入れ塗料による部分塗装+エアブラシによるトップコートです。エアブラシでのトップコートというのは過去にもトライしたことがあったんですが、なぜかすぐノズル詰まりを起こしてしまい実用にならず、それがトラウマになってずっとやっていなかったんですが、ネット上の事例を見てリトライ、今度はうまく行きました。


















なぜいまアッシマーか、と聞かれましたが、元をただせば2005年の劇場版Zガンダムに遡ります。あの劇場版で追加作画された部分…散弾銃を受けメインカメラをやられた後のとち狂ったようなサブアイの動き、ちょっと怖かったです。しかしその一方で、モビルアーマー(MA)形態の「ふざけてんの?」というくらいネタキャラっぽい形状、パイロットであるブラン・ブルタークの技量の一流さ、これらがすべてアンマッチで、それがまた妙に魅力的。あの劇場版以来「アッシマーいいなぁ」と思い続けてきましたが、なかなかキットを買うにまでは至らず。

しかしここのところ、いつも食料を買い出しに行っているスーパーで、ずっと「FW SDガンダム NEO」のアッシマーが売れ残っていたんですね。あまりにも売れないものだから引き取ろうかとも考えましたが、自分はSDガンダムが好きではない(そもそもあの正面から見て正方形に近い形状自体が、黎明期のゲーム機のスプライト機能の形状の制約に起因しているのが納得いかない)ので、「このSDアッシマーを買うなら、HGアッシマーだよなぁ」という思いに至りました。

Zガンダムの世代らしく変形機構を搭載したモビルスーツですが、変形の仕組みとしてはZガンダムほど難儀ではなく、また、模型としてもMA形態のときにはあちこちパーツ同士のロックがかかるので、思いのほか変形させやすいキットだと感じました。

武器を持つ際の手首は差し替え式。武器を持たない場合の手首のみ接着剤なしでは崩壊しやすかったですが、それ以外は問題なし。使っていない方の手首や、スタンド接続部分の目隠しフタまでスタンド裏に収納可能な仕組みなど、設計者のサービス精神が伝わってくる良いキットでした。

どうもHGシリーズってついついMGと比較してバカにしちゃうんですが、ちゃんとバンダイの設計の血筋をひいているので、それなりに楽しめることを再認識した次第です。





お台場のユニコーンのプロジェクションマッピングを観るついでに、ガンダムベース東京でHGアッシマーを買ってこようと思っていたのですが、(分かっていたことですが)定価販売に日和ってしまい、後日ヨドバシでポチることに。

gyanko

5D4B9825

で、なぜかギャン子も一緒に届くという(;´Д`)
まさかMGギャンを買う前にギャン子を買うとは思わなかったよ…。


  
リックドギャン子はちょっと違うと思うな…。

クルマの2年目点検をしてきました。Freewayプランにより、無料。

DSC08225

セールス氏と話をして、いくつか興味深い話があったのでメモ。

・MMIの地図の無償アップデートが可能な期間は、納車日から30ヶ月。Audi connectの3年目以降の契約延長をしても、これは変わらない。このルールはAudi Japanから「後出しじゃんけん」で発表されたので、納車時点では不明だった。

・Audi Connectを契約していなくても、専任オペレーターによるコンシュルジュサービスは可能と思われるが、その後のオペレーターから車両側への地点データ送信などを行うためには契約が必要。

・つまり、Audi Connectの料金は、ナビに装着されているSIMカードの通信料そのものであると言える。

【Audi Connect契約をするとできること】
・専任オペレーターによる施設検索や予約手配→目的地をカーナビに転送
・Googleの音声認識による地点検索
・Wi-Fiルーターとして使える(但しWAN側は3G)

うーん、Googleの音声認識による地点検索はよく使うんだよなぁ。でも月額1,530円というのは高いなぁ。ソフトバンク系の格安SIMとか挿してもAPNの設定とかないから使えないんだろうなぁ。

今日は4/20発売の任天堂の段ボール工作をされていた方が多いんじゃないかと思いますが、私は先日購入したトイドローンTelloをようやく飛ばしました。

自分はあまり真面目にドローン市場をウオッチしていなかったので的外れなことを書いてしまうかも知れませんが、このTelloはコントローラーにスマホを使うことで1万円ちょっとという低価格で動画撮影までできるという優れものです。

1.5時間充電すると13分飛べるのですが、まずは手始めに室内で飛ばしてみました。


DSC08118

気圧センサ、カメラ(アイサイトみたいなもの)、ジャイロセンサによるループ制御がかかるので、3千円程度で買えるオモチャのラジコンヘリとは全く違う、ドローンらしい安定感です。

慎重に飛ばせば自宅の2Fから(自分は2階にいたまま)カメラ映像だけで1Fに降りて、また帰ってくる、なんてスパイっぽいこともできますが、だいたいそれでバッテリー切れになります(笑。しかもそれなりに甲高い音がするので、飛んでいるのは家中どこにいても分かります。


DSC08174

もう1度充電して、今度は2Fベランダから外に出てみました。今日はそれなりに風のある日で、1回目の外出では外に出た瞬間に上昇気流のような風に煽られて屋根の上の見えない方まで行ってしまいかなり焦りました(稼働音を頼りに戻しました)。2回目の外出は慎重に出ていったのでなんとか普通に戻ってきましたが、ドローンの何たるかをさわりだけでも学んだ気がします。

つまり、いくらカメラやセンサー類で現在位置を把握して、操作がなければ現在位置に留まろうという制御が働いていたとしても、クルマがタイヤのグリップ力以上の力を出せないのと同じように、本機が生み出せる反力には限界があるわけです。

あとはバッテリー残量がなくなる前に戻れないと、徐々に高度が下がってやがてそこに着地するので、そのとき「戻ってこられない場所」(海の上だったり、屋根の上だったり)するとかなりマズイです。特に風が吹いていると一生懸命に戻そうとしても戻れないことがあります。例えは悪いですが、まるで川の濁流に呑み込まれて流されていくような状況に似ています。

基本的には風が吹いているときには使えないと思った方がいいですね。


DSC08199

説明書は製品梱包箱の厚さ方向が冊子の幅という豆本のような作り。私がこれを目を凝らして一生懸命読んでいたら、「大きな人が小さな本読んでる」とツマに笑われてしまいました。


やっぱりバッテリーは1本では足りないですね。早く純正バッテリーの出荷始まらないかなぁ。

 

ヨドバシの最後の方の在庫をゲット。
完全に衝動買いです。



早く週末にならないかな…。(まだ月曜です)
近所でどこで飛ばせるだろう…。

  

このページのトップヘ