Kumadigital-CC

Cameras & Cars


iVIS HF G40には内蔵メモリがありません。その代わりにSDカードスロットが2つあります。本体購入以来、ずっと64GB×1枚で運用してきましたが、楽天Pが溜まってきたので放出してSDカードをもう1枚追加装備。

5D4A6080a

信頼性の面では内蔵メモリにはかないませんが、それでもSDカード1枚よりはずっと信頼性が高くなったはず。ずっと使われなくとも、大事な一枚。でもやっぱり1枚目のSDカードが正常な限り出番が回ってこなさそうなののは惜しい気がします。

カードは今回もSandiskの国内正規品。Rescue PROの1年間使用権が附属しますが、もう3年分くらい貯まっています(笑。





ビデオSALON:キヤノンが小型ハンドヘルドと家庭用それぞれに4K/60p対応機をリリース。XF405/XF400、そしてiVIS GX10登場。

お、おぅ…
どおりで最近値引きが大きいなぁと思っていたら…

DP3M1283a


まぁでも4K化で、価格は概ね2倍。
買えるかと言ったら、うーむ。
これがあっても2Kの方を買ったかな…?

でもiVIS HF G40の安定した画質はとても気に入っています。

4K/30pではパラパラ感が気になるんですよね。
そういう意味でも今回出た3モデルはいずれも4K/60p対応。分かっていらっしゃる。
しかしデータレートは150Mbpsにも達する。今日時点では、ストレージがいくらあても足りない感じ。


一方、2Kモデルにもまさかの廉価版が登場。
iVIS HF G21。
HF G40からいくつかのフィーチャーを削って、2万円ダウン。

差異点をビデオサロンWebより引用:
赤文字は私の気持ち。

●液晶モニター:3.5インチ123万ドット→ 3.0インチ46万ドット→ 悩ましい。
●EVF/液晶モニター排他点灯 → 構いません。 
●Wi-Fi非対応 → リモコンと一緒になくなるのは痛い。
●リモコンWL-D89非同梱(本体非対応) → WiFiと一緒になくなるのは痛い。
●ワイヤレスマイクロホンWM-V1非対応 → 構いません。
●HDMIケーブル/AV&USBケーブル非同梱 → 構いません。
●詳細版取説PDF化(クイックガイド同梱) → 構いません。
●DataImportUtility CD非同梱(ダウンロード対応) → 構いません。


いくつか痛い項目はあるけど、これで約2万円も安くなるなんて、いい削り方してるなぁ。

DP3M1294b

良くも悪くも、有機ELパネルの色調は独特です。


渇水で宮ヶ瀬湖の水位が下がって面白いことになっていると聞き、見てきました。




湖面から顔を出す道路標識。








ガードレールと道。



路面標示が生々しいです。

宮ヶ瀬ダムの造成時に、こういった標識類は撤去しなかったんですね。普段は水深何十メートルという深さにこれらが沈んでいるかと思うと、ゾクゾクするものがあります。

安全な場所からは標識面を見ることはできないのですが、ドローンで撮影されていた方もいたので、いずれ動画サイトなどに載るかも知れません。(→もうYouTubeに載ってましたので検索してみてください。)

PG RX-0を開封してみました。
時間の都合上製作までは着手できず、部品の様子を確認し、今後の作戦を練るものです。
これくらいの規模になると一度開封してしまうと元の箱に収めるのは至難の業です。ランナー2〜3枚が1枚の袋に入っており、その組み合わせを崩してしまうと再び収納する時の厚みが増えるため、全部が入らなくなってしまうのです。ですので、どの順番・組み合わせで入っていたかをメモしながらの開封です(;´Д`)




部品点数は821(排他使用パーツ含む、デカール含まず)。PG RX-78ガンダムよりは多いですが、意外にもPG MSZ-006ゼータガンダムほどではありません。MGを一回り大きくして少し緻密にした感じというような印象も受けます。ただ、すごく丁寧に設計されているのが部品ごとのパーツの質感の違いや成形の緻密さからも伝わってきて、お値段が高いんですが納得せざるを得ない感じです。

なお部品のざっくり4割くらいはABS素材で、塗装が推奨されていません。塗るとしても外装(ツヤ消しか半ツヤ消し)とサイコフレーム(ピンクの部品にクリアーを吹く)くらいですかね。




このキットのハイライト部品。Aランナー、ツノです。塗装済み・マグネット入りということで、もはやガンプラの部品と言うよりはDX超合金の部品ですね。

とりあえず最大のパーツであるスタンドだけ作ってしまえば箱内には多少余裕出るでしょうから、そこから進めたいと思います(備忘録)。

あとは気持ちが萎えないように武器からですかね。いつも武器は後回しで着手しないで終わってしまうことも多いんですが(ぉ、雑誌作例とか見てやはり武器をちゃんと作ると見栄えするなぁというような気がしてきたので。


PG 1/60 RX-0 ユニコーンガンダム (機動戦士ガンダムUC)(Amazon)
15,870円で買ったんですが、今見たら15,000円になっとる…。

完成までに何年もかかるのは確実だし、いちいちキットを広げるのも大騒ぎなので、解説本(雑誌)のバックナンバーを買いました。

5D4A5665

PGユニコーンが発売された頃に刊行されたものです。


5D4A5666

どこも弄れないとは言いつつも、雑誌作例モデラーは全塗装はされた様子。
なお通常のガンプラだとパチ組みではLED電飾発光が透けてしまいますが、このPGユニコーンでは顔料の配合割合を変えて透けにくくしているとのことです。しかしそうすると強度などの特性が変化してしまうそうで、そのあたりはだいぶ試行錯誤されたようです。というインタビューが本誌に掲載されています。


5D4A5667

楽しめるかな…と軽い気持ちで買いましたが、
なんか組み立て工程の凄さに胃が痛くなってきました(;´Д`)


5D4A5670

いまこんな感じで仕舞われております…。上に乗ってる箱から順に下ろしていかないと取り出せません。何か良い方法はないものか…。


PG 1/60 RX-0 ユニコーンガンダム用 LEDユニット [RX-0シリーズ兼用] (機動戦士ガンダムUC)(Amazon)

このページのトップヘ